養育費に関する必須情報 ここはおさえておきたい!

養育費の基本情報

養育費の実情

残念な事に、全国母子世帯等調査結果報告によると、継続的に養育費を受けている世帯は、わずか17.7%となっています。離婚時に養育費の取り決めをしないままの夫婦も多くのですが、実際に取り決めをしても半数以上が次第に支払われなくなっています。

おかしな話ではありますが、キチンと毎月支払いをしていると「へぇ!偉いねぇ」と言われたりする、これが養育時の現状なのです。

不払い側としては、自分の生活が苦しくなってしまったり、再婚して新しい家庭ができて経済状況が変わったり等の環境の変化だったり、子供に会えないから払いたくない、離婚に納得できないから養育費も払いたくない等の気持ちの問題の場合など、理由はそれぞれです。

受け取る側として、まずは関わりたくない、連絡を取りたくないという理由で、泣き寝入りしてしまう人が少なくありません。何度連絡しても支払われず、そのうちに疲れて諦めてしまう場合もあります。また、取り決めの方法が口約束だったり、協議書しか作成していない場合、まずは起訴し、そこで勝訴したら今度は強制執行の手続きをしなくてはなりません。

かなりの費用と時間がかかりますので、実際問題として難しい場合が多いのでしょう。また、公正証書を作成してある場合でも、相手への遠慮や面倒から、強制執行できるのにしないという人も多いのです。

しかし、夫婦は別れれば他人に戻りますが、親子はずっと変わらず親子です。自分の子供が安心して成長できる様に、それぞれの親は出来る限りの事をするべきでしょう。